保湿クリームのお風呂で半身浴をするのが夢

考えること の記事一覧

生え際が気になる人の育毛剤の選び方

<更新日時> 11月16日(水) 08:16

生え際は薄毛の症状が出やすく、対策を行っても他の場所よりも効果が出にくいと言われています。そのため、育毛剤を使うならポイントを押さえたケアを心がけなければなりません。

おすすめは、血行を促進させる成分が入っているタイプです。生え際は髪型によっても負担のかかる部位ですし、血行が悪くなると真っ先に影響が現れます。育毛剤を利用して毛細血管を拡張することができれば、食べ物から摂取した栄養素を効率良く隅々まで運ぶことができるようになりますし、他に含まれている成分の効果も引き出すことができます。

290135

また、浸透率を考えた際には低分子化の処理も見逃せません。ナノ化されることにより皮膚から吸収されやすくなりますので、同じ成分であっても効果はアップします。血行の悪くなっている部分は皮膚が硬くなってしまうことが多く、育毛剤をせっかく塗布しても浸透せずに流れてしまうことが多いようです。最近では多くの商品が低分子化の技術を取り入れており、吸収率まできちんと考えられています。

他には、男性ホルモンの働きを抑制してくれることも重要です。生え際が薄くなる時には男性ホルモンの働きによる影響で症状が引き起こされていることが多く、男性ホルモンからの影響を減らさなければなかなか抜け毛が減りません。育毛剤には男性ホルモンの働きを抑えてくれるタイプがありますので、男性型脱毛症によく効きます。

これらのことを考慮しつつ、コストや使用感、成分同士の相互作用等をチェックしながら決めていくことが大切です。効果の出にくい生え際であっても、ポイントを押さえた商品選びをすることができれば効果は出てきます。

生え際に効くタイプの製品で、人気のある育毛剤については次の毛助氏のブログで詳しく解説されているので、そちらの内容をチェックしてみるのも良いでしょう。

チャップアップやポリピュア、Deeper3Dなどの人気商品の中から、自分に合った商品が見つかったら、あとは続けるのみです。このような対策は短期間で止めてしまっては効果が無く、長く続けてこそ大きな成果を上げることができます。数カ月単位で変化を詳細に調べてみて、時々対策方法が正しいのかを見直してみることも重要です。

私が実施ている執筆活動の方法

<更新日時> 08月16日(土) 19:06

執筆活動とは主にネット上で行います。ブログや日記、商品PRなどの活動を手掛けています。自分のサイト上では主に商品などの執筆活動になります。

旅行先や外出先の日記的な執筆活動を定期的に行う場合が有ります。商品の執筆活動では企業様が提示する文字数を執筆して作り上げます。当然、商品の画像や広告も組み入れて作り上げます。平均して500文字前後の文字数を使い執筆していきます。

ノート

個人的に色々な方法を取り入れて執筆活動を行っております。

執筆活動に必要な道具はメモノートやボールペンなどが必要になります。パソコン類の機材やソフトウエア―なども必要です。旅行先や外出先ではメモノートとボールペン、デジカメなどが最低限必要になります。

パソコンはノートパソコンやディスクタイプなど好みのパソコンを使う事が出来ます。特に高価なパソコンでなくても色々なソフトが予め入っているので誰でも始める事が出来ます。

執筆活動を行うには専用のブログサイトやWPなどのシステムを使う必要が有ります。誰でも自分のサイトを開ける事が出来るので間単に行えます。自分専用のブログサイトを開けるには事前に登録が必要になります。好きなブログサイトにアクセスして始める事が可能です。

読んでない本がどんどん溜まっていく

<更新日時> 07月09日(水) 19:01

私は、都内に住む独身サラリーマンです。

主に中小企業に訪問してコンピューターソフトウェアを進める営業をしています。

毎日、様々な職業に人と話をするので、いろいろな知識が必要です。

インターネットで検索すると、いろいろな情報を見ることが出来ますが、肝心なことを知るには書籍が1番です。

様々な業界の代表的な本を数冊買い込み、通勤時間の電車の中や昼休み、帰宅後も読みます。

特に経営者と話をする時は、成功哲学の本や有名な経営者が書いた本なども読んで相手とスムーズに花費が出来るようにしています。

本

読書が終わったら、ポイントをメモして簡単な読書メモを作り手帳に書き込んでいます。

しかし飲食業、金融業、不動産業、いろいろな小売店などに営業に回るのでいろいろな知識を知らなくてはいけないので大変です。

自然と読み終わってない本が溜まっていきます。最近は情報が流れるスピードも早いです。

新しい本をどんどん買うので本棚のスペースもなくなってくるので、読んでない本でも古本屋さんに売ることも時々あります。

電子書籍なら場所を取らないし、いつでも気軽に購入できるから良いのですが、日本ではまだまだ品数が少ないです。

紙の本を電子化することも出来るようですが、自分でするのは大変手間が掛かりそうなので現実的ではありません。

最近は、速読の本を買って少しでも早く本を読めるように頑張っています。

制服が便利な企業文化かもしれない

<更新日時> 04月19日(土) 09:57

制服なんだけど。企業文化がでますね。日本企業は、4月から新しい期が始まります。

私のいる会社も期はじめの頑張れ!目標達成に向けてという会議がありました。製造業の間接部門なので、ほとんどの人が、ネクタイと、スーツ姿です。

スーツ

ここまでは、普通だわ。と思いますが、スーツの色が、ダークスーツばかりなんです。総勢、百人がダークスーツなんです。これって、この会社だからなのでしょうか?。

企業の中から見てるから、当たり前に思うのでしょう

これが、スポーツウェアの会社なら、サッカーのユニフォームだったりして。華やかで、楽しいですね。業界が違えばユニフォームも違いますよね。ユニフォームって、案外、楽なんです。だって、考える必要が少ないから。

私服だと!考えますよ。何着ていこうか。あれ?このシャツと、バンツは昨日着たな。なんて考えるのです。案外、日本は、小さい頃から制服に慣れていますが、それって、必要ない事に、時間を使わせない策略かも。