保湿クリームのお風呂で半身浴をするのが夢

2016年4月の記事一覧

生え際が気になる人の育毛剤の選び方

<更新日時> 11月16日(水) 08:16

生え際は薄毛の症状が出やすく、対策を行っても他の場所よりも効果が出にくいと言われています。そのため、育毛剤を使うならポイントを押さえたケアを心がけなければなりません。

おすすめは、血行を促進させる成分が入っているタイプです。生え際は髪型によっても負担のかかる部位ですし、血行が悪くなると真っ先に影響が現れます。育毛剤を利用して毛細血管を拡張することができれば、食べ物から摂取した栄養素を効率良く隅々まで運ぶことができるようになりますし、他に含まれている成分の効果も引き出すことができます。

290135

また、浸透率を考えた際には低分子化の処理も見逃せません。ナノ化されることにより皮膚から吸収されやすくなりますので、同じ成分であっても効果はアップします。血行の悪くなっている部分は皮膚が硬くなってしまうことが多く、育毛剤をせっかく塗布しても浸透せずに流れてしまうことが多いようです。最近では多くの商品が低分子化の技術を取り入れており、吸収率まできちんと考えられています。

他には、男性ホルモンの働きを抑制してくれることも重要です。生え際が薄くなる時には男性ホルモンの働きによる影響で症状が引き起こされていることが多く、男性ホルモンからの影響を減らさなければなかなか抜け毛が減りません。育毛剤には男性ホルモンの働きを抑えてくれるタイプがありますので、男性型脱毛症によく効きます。

これらのことを考慮しつつ、コストや使用感、成分同士の相互作用等をチェックしながら決めていくことが大切です。効果の出にくい生え際であっても、ポイントを押さえた商品選びをすることができれば効果は出てきます。

生え際に効くタイプの製品で、人気のある育毛剤については次の毛助氏のブログで詳しく解説されているので、そちらの内容をチェックしてみるのも良いでしょう。

チャップアップやポリピュア、Deeper3Dなどの人気商品の中から、自分に合った商品が見つかったら、あとは続けるのみです。このような対策は短期間で止めてしまっては効果が無く、長く続けてこそ大きな成果を上げることができます。数カ月単位で変化を詳細に調べてみて、時々対策方法が正しいのかを見直してみることも重要です。