保湿クリームのお風呂で半身浴をするのが夢

ドラマ「極悪がんぼ」を見ての感想

月曜9時のドラマなど、あまり興味がなく、子育てに忙しい私には、見る暇などないのですが、4月から見始めて、ハマったドラマがあります。それは、「極悪がんぼ」で、とにかくキャストがとても豪華です。大物俳優から、若手の注目俳優まで勢揃いで、見ていてとても面白いのです。

男性

そして、ドラマの原作が、ナニワ金融道などで有名な漫画家さんが描いた物語で、金融関係の言葉がいくつも出てきて、勉強になるのです。

そして何より、悪者が大勢登場するということです。普通のドラマならば、悪役は、脇に追いやられてしまうのですが、悪は悪なりの一本筋の通った考えを持っていて、型にハマっていないドラマになっていて新しい趣向のものになっていると思います。

犯罪も平気で犯すような悪者にたちに囲まれながら、主人公は、何とか借金を返済しつつ、大金を手にする術を模索しているのは、とても見ている私にも勉強になるのです。

そして、悪者にも染まらない主人公の真っ直ぐな性格は、見ていて心地よく痛快でいいです。タダでは転ばない芯の強さや、時にはどん底に落ちて打ちのめされても、這い上がるところは、こちらに勇気や元気を与えてくれて、月曜日に見ると、明日も頑張ろうと思えるのです。

今後も、ドラマの展開が気になるところですが、来週を楽しみに今日も精一杯充実した日を贈ろうと思うのです。


カテゴリー:日記的なもの

タグ: | |

↓↓ ご意見・ご感想は以下よりお気軽にどうぞ! ↓↓





現在コメントはありません。